フラット35金利と申し込み審査について

民間の金融機関が提供する住宅ローンでは、団体信用生命保険の加入が義務づけられています。
団体信用生命保険とは、住宅ローンを借り入れた人が返済中に死亡や高度障害になった場合に、保険会社が住宅ローンを肩代わりして返済してくれるというシステムです。
ですから、持病がある人やうつ病の人などは加入時の健康診断でひっかかってしまうので、いくら高収入が有ったとしても融資が受けられないことになります。
しかし、フラット35の場合、団体信用生命保険の加入は勧めていますが強制ではありません。
従って、持病やうつ病の人でも申し込んで審査を受けることはできます。
又、個人で死亡時に給付金が出る保険などを併用して団体信用生命保険の代わりにする例も多いようです。
ちなみに民間の住宅ローンでは保険料は金利に含まれているのですが、フラット35は1年に一括払いの個人負担になります。
フラット35の比較はランキングがおすすめ?