リフォームローンの気になる返済期間とは?

リフォームローンを組もうとお考えの方。
まず考慮しなければならないのは借入金額とその返済期間です。
返済期間が長くなればなるほど金利の分がありますから、支払金額は膨らみます。
しかし、月々の負担は軽減できるというメリットも忘れてはいけません。
また、担保に入れるか入れないかでも、返済期間は変わってきます。
無担保型では金利は高く融資可能額はおよそ1000万円までのところが多く、返済期間も最長10年から15年と短めです。
一方有担保型になりますと、金利は低く借入金も高額になります。
返済期間も最長35年と長くなりますが、抵当権の設定等の手続きの費用がかかってきます。
自身の資産や預貯金額と、リフォーム規模とをよく考慮し、返済期間などもきちんと設定したいものです。