住宅ローン借り換えでデメリットはあるの?

住宅ローンを借り入れた当初より現在の金利の方が低いとしたら、借り換えを考えることは当然の発想だと言えます。
高い金利の住宅ローンを安い金利のローンを組んで一括返済すれば、今後の返済に関しては低い金利で完済できるので、差額分は丸儲け(?)ということになりますから、住宅ローンを借り換えると言うことはメリットしかないように思うかもしれません。
しかし、現実にはタダで住宅ローンは組めません。
借り入れる際の手数料や担保を設定するための法律上の手続きのための税金や印紙代、書類作成のための司法書士への報酬、保証料や保証会社への手数料、更には一括返済のための来る上げ返済手数料など、数十万円単位の出費がかかります。
住宅ローンを借り換えると言うことは、もう一度住宅ローンを組むことなので、これらの諸費用を再度支払うことになります。