住宅ローン審査に通るためのテクニックとは?

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても厳重に行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。
見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
たいていの場合、数十万〜数百万単位の金額が指示される様です。
マイホームを建てたい!と夢を見ている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。
なので、すぐに支払いをする。
という感じは、一般市民にはなかなかできません。
では、住宅ローン減税を組むとき、どこから借金をするのか?一番いい方法は銀行や信用金庫が良いでしょう。
どこから借り入れしようか、自分で悩んでも良いのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、担当者に全て任せる。
という方法もあります。
住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。
その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。
団体信用生命保険という保証の内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅ローン減税を組む事ができます。
フラット35という名前の住宅ローン最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。
フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
とはいえ、年収や勤続年数などはこれは、その住宅が将来価値が出るかどうか、ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、色々な面から審査されるそうです。

http://www.jutakuloan-shinsa-toriyasui.com/