大事にしていた着物を買い取ってもらう時には?

大事にしていた着物を買い取ってもらう時に、喪服は除外して考えたほうが良いかもしれません。
ほとんどのお店で、喪服の買取を避ける傾向があります。
中古の着物を扱っている買い取ってくれる店舗では、特別な場に着用する喪服のニーズは限定されているからで、丈や裄のことも考えると、やむを得ないでしょう。
それを承知で、捨てるのにしのびないというのであれば、ほんのひとにぎりとはいえ、喪服を買い取ってくれる久屋やスピード買取.
jpなどの業者もありますので、そちらを当たってみるのも手でしょう。
着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろん着物に付随した小物、たとえば帯締めや帯揚げなど買い取りを行うことが多いですからね・・。
とはいえ、襦袢までは買い取りできないようですからね・・。
肌着とは言えませんが、下着に分類されるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのですからね・・。
まあそうじゃない場合もけっこうあります!たとえば素材が絹で、未使用のものや、昔風の珍しい柄行のものであれば交渉次第で売れるかもしれません。
遠慮せず、一度査定してもらうと良いですね。
最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、これから利用する人は気をつけましょう。
たとえば、買取前の出張見積りを依頼したところ、アポ無しで来て、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があります。
悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね~~~。
警察に古物商の届出を出しているような業者なら、違法な行為は商売に障るので、しないはずですからね・・。

ネット買取まとめ!おすすめサービス比較【服・着物買取】